エコカラットはこのような仕組みでできています

エコカラットはこのような仕組みでできています

新築の家に多く使われているエコカラット。
これは、LIXIL社の製品で、壁面に張り付けるタイルのことです。



湿気や臭い、ホルムアルデヒドなどの空気中の有害物質などを吸着し、室内の空気を快適に維持することができます。


それでは、このエコカラットはどのような仕組みでできているのでしょうか。日本伝統の壁材である土壁をヒントにして作られたエコカラットには、空気を吸収し放出するための小さな孔をたくさん持っています。

その孔のサイズは1ナノメートルで、珪藻土よりも小さなサイズになります。

ガジェット通信情報のご紹介です。

水蒸気分子の直径が0.4ナノメートルなので、そのサイズより少し大きな孔を持つエコカラットは珪藻土よりも効率よく水蒸気を吸収することができるのです。

その孔の数は珪藻土よりも豊富にあり、1平方メートルあたりの孔の表面積を全て合計すると539000平方メートルになり、これは東京ドーム11.5個分もの面積になります。

その表面積で、空気中の湿気や臭い、有害物質などを強力に吸い込むことができるのです。
このような仕組みを持つエコカラットですが、さらに優れた点は、電力などのエネルギー源を使用せずに性能を発揮できることです。

千葉のエコカラットを検索してみてください。

一度設置してしまえば、ランニングコストが不要なので、環境面だけでなく、経済的にも優しい製品です。

また、様々なデザインがあるため、シンプルな部屋でも壁面の一部に使うとアクセントになり、ワンランク上のおしゃれな部屋を演出することができます。

Copyright (C) 2016 エコカラットはこのような仕組みでできています All Rights Reserved.