フロアコーティングの人気が高まっています

フロアコーティングの人気が高まっています

ハウスメーカーが販売を行っている住宅や、分譲マンションでは複合フローリングが一般的となっています。

無垢のフローリングの場合では、床暖房が標準装備となっている住宅ではねじれなどが発生する危険性があるためと考えられます。



分譲マンションでのオプションとして、人気が高まっているものにフロアコーティングを行うサービスがあります。フロアコーティングのオプションのハードコーティングでは、10年から30年ほどの耐久性を得ることが可能で、水拭きや洗剤拭きも可能となり、内部から発生する有害化学物質について封止させる効果があると言われています。

フロアコーティングを行うことによって、ワックスを塗る必要性がなくなりますので、最初からワックスレスで使用できるフローリングも普及が広がっています。

ロケットニュース24について考えます。

フロアコーティングは大きく分類すると、水性系のウレタンやアクリルを使用するものと、油性系のシリコンなどを使用するものがあります。

フロアコーティング情報をこれから探す方におすすめのサイトです。

水性系のコーティング剤では有機溶剤が使用されていないために、安全性が高いものと言えますが、耐久性の面では5年ほどとなります。
油性系のコーティング剤を使用したときには、耐久性は10年から30年ほどの期間となり、近年では安全性への考慮が行われていますので安心して施工することができます。

硬度が高いガラスコーティングやUVコーティングでは機能性が良く、耐久性が高いかわりに価格としても高価なものとなります。

一方で、シリコンやウレタンなどの硬度の低いものを使用したときには、耐久性が低くなりますが安価な価格で仕上げることができます。


Copyright (C) 2016 フロアコーティングの人気が高まっています All Rights Reserved.